出願から入学まで

Ⅰ 海外応募の場合

1. 出願

 国内住居の代理人の方が、選考料20,000円を添えて、入学願書など必要書類を提出してください。書類に不備がある場合には受け付けることができません。代理人がいない場合は本人による必要書類の郵送と当校指定口座への受験料の振り込みが必要となります。

指定口座: 京都銀行 修学院(シュウガクイン)支店

      店番 145  普通預金 No.3288677

      ユ) ラクホクガクエン

2. 本人、または代理人の方の面接、および書類審査による選考を行います。選考合格者については、当校より入国管理局に在留資格認定証明書の交付を申請します。入国管理局の審査には日数を要します。

 

3. 在留資格認定証明書交付
審査終了後、結果を本人または代理人の方に通知します。入国許可の場合、当校に証明書が交付されます。

* 日本語学校修了後、大学や大学院、あるいは専門学校に進学した場合は、日本国内で留学の期間更新が可能となります。

 

4. 学費納入
指定された期日までに学費(入学金・授業料・教材費)を納入してください。納入完了を確認の上、本人に 入学許可書・在留資格認定証明書を送付します。代理人の方に送付する場合は、代理人より本人に送付してください。

 

5. ビザ申請
出願者(本人)は、入学許可書・在留資格認定証明書を各国の日本大使館、または領事館に持参し、ビザを申請してください。在留資格認定証明書の有効期限は交付より3か月ですので、手続きは早めに済ませてください。

 

6. クラス編成試験(筆記試験)
ビザを取得した後、クラス分けのための編成試験を受験できるよう来日してください。

 

7. 入学式・オリエンテーション
本人および代理人の方、または学費負担者の方は、ご出席ください。

 

8. ワーキングホリデー
ワーキングホリデーの制度を利用すると、働きながら一年間日本国内での観光や文化の学習をすることができます。この制度を利用して日本語学校での半年から一年間の勉強が可能です。(ビザ不要)

 

Ⅱ 国内応募の場合(在留資格をすでにお持ちの方、社会人、短期コースをご希望の方)

1. 本人が受験料21,000円を添えて、入学願書等必要書類を提出してください。書類に不備がある場合は、受け付けることができません。必要書類郵送の場合は、上記の投稿指定口座へ受験料を振り込んでください。

 

2. 選考方法
本人の面接、および書類審査による選考を行います。

 

3. 学費納入
合格者は、指定された期日までに学費(入学金・授業料・教材費)を納入してください。在留資格変更が必要な場合は、学費納入後に、入国管理局での変更申請を行い、資格変更後の書類の写しを当校に提出してください。

 

4. クラス編成試験(筆記試験)
クラス分けのための編成試験ですから、必ず受験してください。

 

5. 入学式・オリエンテーション
本人は必ずご出席ください。

 

Ⅲ 出願必要書類 (申請者がそろえるものです コピーなどはA4で統一してください)

* 日本語以外の言語で書かれた書類には日本語の訳文を添付してください。翻訳には翻訳者氏名および捺印が必要です。

(1)申請書(ダウンロードしてください)

(2)旅券写し

 英字氏名が分かるもの 全ページをコピー

(3)入学願書(ダウンロードしてください)

(4)履歴書(ダウンロードしてください

(5)卒業証書写し

(6)成績証明書

(7)学歴認証(中国の方のみ)

 ◎大学を卒業している場合

  「教育部学位与研究生教育発展中心(CDGDC)」または

  「全国高等学校学生信息諮詢与就業指導中心(CHESICC)」発行の学歴の認証原本

 ◎大学を卒業していない場合

  同機関発行の「国家統一試験」の成績の認証原本

 ◎卒業予定の場合

  卒業見込み証明書などを添付

(8)日本語学習証明・日本語能力立証資料

  N5相当以上の能力を立証するもの 教育機関の住所連絡先授業時間数が明記されたもの

(9)申請人の職歴資料

(10)経費支弁書(ダウンロードしてください)

(11)送金者名義の預金残高証明書

(12)戸口簿(戸籍簿)写し・出生証明書

「戸口簿写し」は家族全員の全ページを、輪郭を含めてコピー

(13)経費支弁者と申請者との関係を立証する資料

 支弁者が親族であれば「親族関係公証書」等

  支弁者が親族以外の方の場合は出願者との関係を具体的かつ公的に立証するもの

(14)経費支弁者資料

  支弁者が企業等に勤務する場合は在職証明書

 支弁者が企業等の役員である場合は法人登記簿謄本

 支弁者が個人経営者である場合は営業許可証写し等

(15)支弁者の所得額を立証するもの

  納税(所得)証明書  公的機関発行で年間所得が記載されているもの

(16)過去3年間の銀行預金通帳の写し(全ページをコピー)

(17)留学理由書(ダウンロードしてください)

(18)カラー写真(縦4cm×横3cm、撮影日から3ヶ月以内のもの)6枚

 

※注意事項

(1)証明書類は現地機関で作成発行されたものであること

(2)日本語訳を添付、翻訳者の署名が必要

(3)返却しないので原本等は複写して提出

 

 

 

※ 次のような場合には出願受け付けができません。

・ 出願資格を満たしていない場合。

・ 出願期間中に必要書類がそろわず、不備な点が生じた場合。

・ 出願者本人と学費負担者の関係を不明確・不十分と判断した場合。

・ 学費負担者の経済力を不十分と判断した場合。

・ 書類に虚偽の内容が発見された場合。


在留認定資格申請書

http://www.moj.go.jp/content/000103470.pdf


申請人等作成用1~3の分かる範囲をご記入ください

入学願書.pdf
PDFファイル 77.0 KB
入学願書短期留学.pdf
PDFファイル 64.1 KB
履歴書.pdf
PDFファイル 107.0 KB
留学理由書.pdf
PDFファイル 66.0 KB
経費支弁書.pdf
PDFファイル 103.6 KB
同居者及び二親等親族.pdf
PDFファイル 124.8 KB